あなたはお呼ばれした結婚式で、なにか失敗をしてしまったことはありますか?
「準備していた余興に必要な肝心なものを当日に忘れてしまった…」
「散々練習したのに、試合になって丸ごと忘れてしまった…」
など、残るというヒューマンはそれ程多いのではないでしょうか。

結婚式での見逃しは、大体は笑い話になって終わります。
現場そのものが幸せなオーラで満ち溢れているので、皆暖かい目線で見守ってもらえる。

しかし、「出で立ち」だけは失敗してはいけません。
ドレスは一つの作法ですから、ここを間違ってしまうと実に失礼なことになります。

そこで今回は、女性が中でも避けたい結婚式の衣類について説明していきましょう。

取り敢えず最新が「白系衣類」。
新婦がウェディング衣類ですから、それとトーンが被って仕舞う白の衣類は誠にしてでも避けましょう。
1人だけ模様が読めない人として浮いてしまい、痛い目で見られますよ。

次が、「シルエットがはっきりしている製品」。
これだと新婦よりも際立つことになりかねないので、できる限り過度な露出は控えましょう。

三つ目が、「ファー根底」。
鳥獣の毛皮によるファーは、殺生を意味する結果ふさわしくありません。
また、ランチタイムの際の衛生面も考慮して、ファー根底の出で立ちは避けましょう。

最後に四つ目線が、「リクルートスーツ」。
女性がこれを着た実態、不祝儀の礼服となってしまうため、無礼に有難み決める。
絶対に黒の出で立ちはやめましょう。

結婚式にお呼ばれした際は、これらのことに注意してドレスを選んでくださいね。ミノキシジル